×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ねずみのすもう








  ある日、いつものように山に出かけたおじいさんは
  にぎやかな声に気がつきます。
  声の聞こえるほうに行って、そっとようすをうかがうと
  なんとねずみがすもうをしているではありませんか。
  でも、やせっぽっちのねずみは負けてばかり。
  よく見てみれば、やせねずみはおじいさんの家のねずみです。
  おじいさんは、やせねずみのために
  あることをしてあげるのですが・・・。
  はたして、やせねずみはふとっちょねずみに勝てるのでしょうか?


 悪役の登場のないこの人形劇は、小さなお子さんから
 お歳を召した方まで、幅広い年齢層に人気です。
 人気の秘密はおすもうにあるようで、土俵が舞台に用意されるだけで
 観客の熱気が上昇するのがわかります。
 最後の取り組みでは、リスの行司に
 「ひが〜し〜、やせの海。に〜し〜、長者川」
 という呼び出しをさせてシコをふむなど、本格的なすもうの場面を
 取り入れる工夫をしました。
 やせねずみには、子供たちから「がんばれ〜」と声援が飛びます。
 とうとう勝つと拍手喝采で、たいへんな盛り上がりです。